読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とこばが胸で大渋滞

現実逃避と自己満足

Mステ(真剣SUNSHINE)を3回みました

タイトル通りです。Hey!Say!JUMPが出演し、新曲の真剣SUNSHINEを披露したミュージックステーション、私はリアルタイムでみられなかったので録画をしました。






1回目は、その日の夜帰宅してすぐにテレビを占領し、両親・弟が揃っているリビングで再生しました。(自室にはレコーダーもテレビもないので)

しかしまあうるさい。あれは誰だ、あんたの好きなのはどれだと親に話しかけられ、なんかまた変なの歌ってんじゃん!と弟に笑われながらみました。ちなみに弟はジャニーズに好意的で、SMAPや嵐、関ジャニやキスマイなどのシングルは普通に歌えるレベルです。が、じゃんぷに関してはなぜか興味を示さないし、バカにしてくる。なぜだ。私へのあてつけでしょうか。
そんなこんなで細かいところまでみてる余裕はなかったけど、ラジオも聞かず、少プレもみれず、CDも買っていなかった私にとってはとにかく初めての真剣SUNSHINEでした。

2回目・3回目は、もちろんひとりでいるときに見返しました。




以下はその感想ですが、単純に思ったことを書いています。褒めて愛でてデレているわけではないです。
あくまで個人の、一ヲタクの感想です。












まず、初見の感想としては、ダンスが緩い。緩いとは聞いていたけど、想像以上の緩さでした。ハンドマイクで片手が塞がっているもんだから余計に。まあダンス曲じゃないってのもわかりますけど、正直、え??うそでしょ???と思ってしまいました。

当たり前ですけど、これは3回みても変わりませんでした。楽しい曲なんですけどね!でもダサくないですか?サビの、右手の拳を振ってるだけの振り付け。






いつぞやのRide with meで魅せてくれたHey!Say!JUMPはどこにいってしまったのでしょうか。比べても仕方ないとは思うものの、そう思わざるを得ませんでした。あの時は本当に、超かっこいい!!!と思ったし、グループとしての方向性を見つけたんだと大きく期待しました。


まあダンスというか曲に関しては、Chau#→キラキラ光れ→キミアトラクションときた時点で諦めの気持ちがありましたけど。事務所は彼らが見つけ出した武器では売り出してくれないのかなあなんて。世間の需要は可愛いにあるのかなあなんて。





どこからともなく聞こえてきた、グループとしての知名度が上がって、個人の仕事が増えて、忙しいから難しい振りを入れられないなんて理由に一応納得もしました。

しかし、いざMステをみてみたらどうでしょう。共演していた嵐さんはしっかりがっつり踊っているじゃないですか。私がいちばん衝撃を受けたのはここです。じゃんぷよりはるかに忙しい人たちじゃないですか?そんな人たちがこれだけのダンスをこなしているというのに……と余計に真剣SUNSHINEのぬるさが目についてしまいました。



また、簡単なら簡単で、もっと揃えないの?とも思いました。私はダンスの経験はないし偉そうに言えることもないけど、本当にダンスめっちゃ揃ってる!と感動したのはRide with meとAinoArikaぐらいだったと思います。Chau#からテイストが変わって、ファンからも世間からもとにかく可愛いと言われるようになり、もはやダンスは売りにしていないの?と思うようになりました。簡単なのに特別揃ってない。Ride with meを超える感動がないんです。






それから、歌詞も、サビ以外のメロディーもなかなか頭に入ってきませんでした。3回目を聴く前まで、最初のWow Wow〜のところでさえ覚えていなかったです。こればっかりは私がこの曲にあまり惹かれていないからだろうなと認めます(笑)

あと、Cha Cha Chaがダサい……。Cha↑Cha↓Cha↑の音程が妙にダサいと思うのは私だけでしょうか(笑)





歌割りに関しては、今回は特に何も思いませんでした。というよりそもそも、1番に全員のソロパートがあることは普通ですよね。恥ずかしながら、そんな当たり前のことにやっと慣れてきた感じがします。
それでも、やはり今は伊野尾さんと山田さんに偏ってるんだなあと思わざるを得ませんでしたが。(髙木さんも推されてるのかな?)









まあなんというか、今回も私が見たかったじゃんぷではなかったなあって感じです。
もちろん楽しそうに歌って踊る9人は可愛いし、薮さんソロパートでの美しいウインクも健在だし(金髪はいまだに不満)、ここ最近続いていたキラキラ王子さま系の曲とは違うのも良かったです。(何様とか言わないで…)

でも、わちゃわちゃしてるのはちょっと見飽きてしまったというか、仲良しエピソードには事足りてるというか……。20代後半に突入している最年長の自担が可愛いで売っていくのを見ていられないというのもあります。







だらだらとここまでほぼ文句を書いてしまいましたが、真剣SUNSHINEのMステ、3回目は歌詞をぼーっと眺めているだけでした。あんな(と言っては失礼ですが)ダンスを踊って戯れているじゃんぷはもう見たくありませんでした。じゃあみるなって話です。すみません。これだけ文句を言っておきながらチェックせずにはいられないんだからヲタクってわからない。











すっかり世間にカワイイと印象づけたHey!Say!JUMPですが、平均年齢は既に約24歳。これからどう勝負していくのか、私のカワイイ需要はもはやありませんが、ついていけるうちは見守っていきたいと思います。